あさのよみもの

スキマ時間にサクッと読めるChromebookネタなど。元々は「自閉症スペクトラムと性別違和」「LGBTとフェミニズム」の話をするとこでした

かつての最適解、というだけであって【ASUS C223NA】

【よければ支援お願いします→ほしい物リスト

 いやぁ、前にこんな話書いてたんですよ。
 やっぱりペチペチ(Chromebook ASUSC223NA)の話してたんですよ。
 
  今でも好きなんですけど、それと「とりあえず今買ってこいと言える」っていうのはまた別な話です。
 安いけど古い機種を買うとどんなデメリットが生じるか、という面も改めて整理しながら書いていきたいと思います。
 色々と並べてみますが、要するに「なんとなくサクサクChromebookを使いたい人には向かない」ってことです。
 
 

今はC223NAは推せない理由

CeleronN3350はちょっと限界

  工夫次第では今でもそれなりに現役です。
 ネットで調べ物をする分には特に問題はありません。
 しかし、果たして今後も現役として使えるのか、というとなんともいえません。
 以前も記事にしましたが、何をするにしてもワンテンポ待たされる感覚があります。
 あまりにも古く安いものは、PCを買う時の要領がわかっている人向けであって初心者におすすめできるものではありません。
 
 

自動更新ポリシーが短い

 2024年、を長いとみるか「物理的な寿命とどっこい」とみるか。
 
 ここは個人的な使い方の差が出ると思いますが、これならもっと新しい機種を買った方がいいと思います。
 あるいは中古で軽く試してみる、ぐらいならいいかなぁと。
 
 

Androidアプリが非対応、不便であることが多い

  そもそものChromeOSが、Androidアプリとの相性を考えると微妙な面があります。
 加えて、タッチ非対応となると使えないアプリが増えます。
 個人的に作業通話アプリ「mocri」が使えないのは悲しい。
 あれiPhoneiPadで愛用してたから。
 
 

C223はそれでもよき!

  このようにちょっとなぁというポイントはあるのですが、それでも「C223ならでは」の魅力はあります。
 好きな人は好きなキーボード、というとこ以外にも。
 

むちゃくちゃ軽いクラムシェル

  クラムシェルでありながら重量が1kgを切る!というのは今でも鮮烈です。
 あの軽さと使いやすさを知ったら他のやつは持てません、持ってるけど。
 デタッチャブル型が以前よりもバリエーション豊富になりつつありますが、クラムシェルの方が使いやすい場面というのもあるのです。
 テーブルが狭いとか、あるいは膝の上で作業したいという時、取り外しできるキーボードのあの作りではどうしてもしんどいです。
 その点考えると、C223はその辺のバランスがすごく秀逸。
 あなたもきっと布団の中から出たくなくなる。
 

バッテリー駆動が長い

  最新機種の方が多分優れてはいるんでしょうけど、C223もなかなかです。
 いちいち充電しなくて大丈夫なのは魅力です。
 外に持っていくにはちょうどいいサイズ感ですし、きっとマックに連れて行ってTwitterやりたくなりますよ。
 ……あさのはTwitterしかやる気出なかったのです、ぜひ何か別の活用を。 
 

つまり、あれほど鮮烈なものが今見つからない

  こんな感じで今でも魅力が語れるものでもあるC223、ペチペチ。
 だからこそ、次に欲しい機種が見つからなくてこんな記事を書いてしまうわけであって。
 
 某かぶとむしのおじさまともちょっとツイートでやり取りしてたのですが、あれくらいのポジションしたやつを現行モデルから探すのってやりづらいんです。
 実機レビューでもできるだけの財力があればまた違うのでしょうが、あさのには「今とりあえず買っとけ!」と言えそうなものが思いつきません。
 それでもなんとか、ブラックフライデー狙って何かChromebook買おう、記事書こうとは考えてます。