あさのよみもの

スキマ時間にサクッと読めるChromebookネタなど。元々は「自閉症スペクトラムと性別違和」「LGBTとフェミニズム」の話をするとこでした

FMV Chromebook 14F(FCB143FB)を買ってひと月経ちましたレビュー

【よければ支援お願いします→ほしい物リスト

あらためて実機レビュー

 しばらくしてからちょっと使用感が変わってきたなぁと思ったので。

 

 

 

(宇宙うさぎさん……)

 

FMVがきた!買いたてほやほや実機レビュー【FMV Chromebook 14F(FCB143FB)】 - あさのよみもの

 

 買いたてほやほやの頃のレビューはこちらにありますので、あわせてお読みください。

 

 

 


USBポートの持ち腐れ感

 FMVは最近のChromebookでは珍しく、USBなどのポートが充実しています。
 しかし現時点でつなげるものといったら……

 

 

 充電用の電源アダプターぐらいしか……
 いや、これもね、なんか線つなぐ工程いっこ多くないかとは思いますけど、他のメーカーよりはサイズの小ささでは頑張ってますよ。
 ダサいけど。
 あと何かつなぐっていったらマウスとヘッドホンでしょうか。

 

HP Chrome book X2 11を約1年使ってわかった良い点とダメな点を正直にレビュー。決して悪くは無いが… | ガジェットメテオ

 

 機種によってはイヤホンジャックがないってのもあるのでね、これは実は貴重だったりします。


ノングレアはやっぱりいい

 保護シートを貼ればそんなに気にしなくてもいいんでしょうけどね、グレアの液晶でもね。
 ただ、今のPCで元からノングレア(非光沢)液晶っていうのはレアです。
 動画を観るときはちょっと物足りない感じはしますが、ブログ記事を書く時は目が疲れにくいのがいいところ。

 

目に優しいわさビーフ



 というわけでわさビーフノングレアです。


排気音はやっぱり慣れない

 ファンレスモデルをずっと使ってきたので、うっすら聞こえる「シュー……」っていうのがまだ慣れません。

排気が液晶に当たる

 まぁ一定以上の重い処理をするのならこういうモデルの方がいいんでしょうね。
 あと、音絡みで言うならスピーカーの音質は普通かもなぁ、とちょっと物足りない感。
 Google Meetをする時などは別に困らないのですが、Spotifyで音楽を流してみても特に、素晴らしく音質がいいというわけでもないような。
 前に使ってたASUS C223が安いモデルの割には悪くなかったので、それとどうしても比べてしまいます。


キーボードは慣れてきた、しかし

 キーピッチの違いとか、あるいはペチペチ愛用だった身にポコポコは……という点に関しては慣れてきました。
 長文打つのも疲れにくいしいいですね。
 ただ、スペースキーが短いのはやっぱり残念だとは思います。
 左上にかな英数切り替えあるんだから、スペースキーの両脇に「英数」「かな」つけなくてもよくないかって言いたくなるんですけども、そういう設計にしなさいっていう決まりでもあるんでしょうか。


指紋が目立つのは悲しい

 多分これが一番の残念ポイントかもしれません。

汚れてる感が出てきてしまう

 写真だとあんまよく見えないかもだけど……高級っぽく見せようとしてこの質感にしているのでしょうが、指紋とか皮脂がつきやすい。
 いちいち拭かなきゃならないのはつらいです。
 指紋……といえば、指紋認証ついてないとか色々あって、でも「Core i3-1115G4」が入っているとはいえハイエンドと呼べる系統でもないので、その辺りは割り切っております。
 でもね、この皮脂ペタペタはちょっと悲しかったです。

 

 

 

 3万円台のもの(ASUS C223)でもこういうポコポコの加工がしてあって、それでチープ感を減らしていたものもありました。
 キーボードの他にももうちょい、気持ちよく使えそうな工夫ってあってもよかったんじゃないですかね。


このサイズにしては軽い

 残念なところもある一方、使っていてありがたいところもあります。
 だいたい1.3kgほどなので、A4ノートより若干大きい14インチのChromebookとしては比較的軽量なのです。
 オーソドックスなクラムシェルだ、という分もあるんでしょうね。
 11.3〜12インチのモデルで最近あんまりいいの出てないのもあって、軽量モデルを探すのに苦労している身としては助かります。

 さて、ここまでサクッとお送りしましたがどうですかね。
 詳しいレビューは他の方におまかせしますので、あさのはこの辺で。

 

追記:ふた月経ちました

 

 

 

 買ってすぐのレビューでは分からないことありますね。

 「ふた月経ちましたレビュー」はちょっと微妙な感じになってしまいました。