「わたし」たちの破片を拾う

「自閉症スペクトラムと性別違和」「LGBTとフェミニズム」の話。当事者研究というやつ

【発達障害と性別違和】「女性」をやめるためには、ひきこもるしかなかったけれど

※この記事は2021年1月のnoteの再掲です※

  • 結論を言ってしまえば「自分が女性であることはやめられなかった」
  • 「普通」へのこだわり
  • ジェンダーこそが性別」の苦痛
  • 発達障害由来にしても、現実にできそうなことは何だろう

 

続きを読む

LGBTメディアは結局何がしたいの?「XジェンダーVSシス女性」でもやんの?に対するまとめ

※この記事は2020年11月のnoteの再掲です。当時はまだパレットーク運営に対してツイート送ってたんですね。「レインボーでない当事者」の言葉は未だに拾ってもらえないようですが※

 

  • Xジェンダーってそんなんだっけ
  • 自分の性は自分じゃ決められません
  • 「レインボー」には裏があるとしか思えない
  • 僕の覚える危機感

 

続きを読む

「ある意味」トランスジェンダー、パッと見では分からぬ自傷をする日記

※この記事は2020年9月のnoteの再掲です。当時本当に深刻な状態になりそうだったのを、(結果的に自傷にはなったけど)なんとかしようと必死だったのだなぁという気づきがあります※

  • 既視感のある前フリ
  • 「男らしい男」になれない女体持ちの傷
  • 発達系女子は「トランス」なのか?

 

続きを読む

『アイドルマスター』シリーズのプロデューサーになりたいのにP業が苦痛すぎる件

※この記事はnoteでボツにしようと思ってたけど「ここまで書いといてなんかかわいそう」という理由で置かれているだけです※

 

  • プロデュンヌはつらいよ
  • ポチポチVSおもおも
  • 早すぎた「札束での殴り合い」
  • ある意味ポチポチよりひどいのでは

 

続きを読む

近況報告というだけ

 もとを辿ればもう10年単位にはなりますが。
 精神的な不調が続くため、なかなか記事を書けずにいました。
 Twitterなども冬場は低浮上で、もしかしたら心配をかけているかもしれません。
 バリバリ元気なわけではありませんが、入院等はすることなくとりあえず生きてます。

 

 病気なら薬で苦しみが楽になるでしょうし、障害なら配慮を受けられる部分もあるでしょうが、どうしようもない苦痛というのもあります。
 あなたの励ましや寄り添いがあったとしても、どうしようもない何かが。

 その「どうしようもなさ」とこれから何十年も向き合えるのか、今の自分には分かりません。
 苦しさのあまり本当に死んでしまう可能性はどこかに、道の端の端にはあるのでしょう。
 だから、今日はとりあえず生きてますとだけ言っておきます。

LGBT、だから犯罪者にも優しく?

 唐突ですみませんが。

 LGBT無罪、って当事者だからこそ許しちゃダメじゃありません?

 最近その界隈内の「LGBT、だからその人は悪くない!」みたいな話を読んで
「自分が発達・精神障害だからって、凶悪事件を起こした精神障害者のことを許したりなんてしないし。一方で『あれと同じと思われたくない』も事実だしなぁ……だからってやっぱり、『あれと一緒にしないで』を先に言ってはいけないだろうな」
 などと考えておりました。

 当事者だから・その属性にあるからこそ、「差別をしてはいけないから」と言って甘やかしてはいけないのです。

 

  • 銭湯はハッテン場!?
  • 心が女なら入っていい?
  • 当事者を甘やかして、当事者の首を絞めるな

 

続きを読む

僕の結婚には異性も恋愛感情も性欲も余計だ。だから結婚させてくれ

※この記事は2020年9月のnote記事の再掲です。既にはてなブログに載せたものに関してはリンク先を差し替えております※

  • ビアンはそもそも結婚できん
  • 子作り要員&セーフティネットとしての結婚はしんどい
  • 結婚に恋も性欲も関係なく、家族になることに結婚は関係ないはず

 

続きを読む