あさのよみもの

スキマ時間にサクッと読めるChromebookネタなど。元々は「自閉症スペクトラムと性別違和」「LGBTとフェミニズム」の話をするとこでした

タブレットにもなるChromebookは、もしかしたら「思ってたのと違った」となるかもしれない

【よければ支援お願いします→ほしい物リスト

 どうも、気づけば15本以上?とかこっちのはてブロでChromebook記事書いてました。
 1本あたりの字数が大したことないからってのもありますけど。
 さて、今回はこれの話。
 ブラックフライデーっていうけど君、とりあえず落ち着こうか」シリーズ。

 

 

 

 

 


あなたが「思っているのと違った」わけは?

 Chromebookを知らない、あまり触ったことがない層にも普及するようになったのはああいう、Duetとかの系統が出てきたからってのは確かにすごいなぁとは思うのです。
 快適に「サブ機として使うことから始める」ユーザーがいる一方、ああいったモデルを買って「所詮はおもちゃだ」とか「使い物にならねぇじゃねぇか、ゴミだ」という感想を残す方もおります。
 思っているのと違った、となるのは「Chromebookだったから」なのか、それとも「デタッチャブルモデルだったから」なのか、その両方か……となんとも言えない思いでいます。

 

Chromebookだったからかもしれない

 これは口を酸っぱくしてお伝えしたいのですが、Chromebookに入っているのはAndroidOSじゃなくて、ChromeOSです。
 あくまでも別物だという扱いなんです。
 そこを勘違いされますと、結構つらいかもしれない。
 特にゲームで快適に遊びたいだとかっていうと、ほとんど賭けみたいなもんなのでだいぶ損します。

 

Chromebookはとりあえず新しいの「買い足して」おけ【リライトというよりほぼ別物、2022年版】 - あさのよみもの

【2022年版】多分初心者向け、Chromebookの選び方を向き不向きで考える - あさのよみもの

【2022年版】Chromebookガイド、もうちょい細かいとこまで考えて選びたい方向け - あさのよみもの

 

 その他、Chromebookにしようと決める前に頭に入れておきたいポイントなど、こちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。
 「人が言うほど、低スペックでもサクサクではない」「Androidアプリが確実に動くわけではない」、は特に意識しておくといいかと思います。


デタッチャブルモデルだったからかもしれない

 あさの、正直言って「お気軽なサブ機」としては現行のデタッチャブル(キーボードが外せてタブレットになる)は割高だなぁと思ってて。
 セールで売られているものは、古いので結局お得でもないとも思ってて人には推せないでいるんですよね。
 刺さるポイントは「高解像度」ってとこくらいですかね。
 重さで考えても、軽量かっていったら意外とそうでもない(付属品諸々込みの場合)し、場面によっては結構不便にもなります。

 

[かぶ] ASUS Chromebook Flip CM3 (CM3200FM1A-HW0006)レビュー。話題のMediaTek Kompanio 820はこのモデルの弱点を見事に潰してきた。

chromebook duet 買って後悔した|ブロガーのレビュー

 

 奥行きのないテーブルや膝の上で作業したいとか、ちゃんとした文章入力したいってなるとどうしても、コンバーチブル(画面をひっくり返せる)やクラムシェルとは違うペラペラキーボードでは無理が出ます。
 耐久性もそこまでではないので、実際、早いうちに壊れた方もおります。
 また、USBポート等不足していてつらい方もいるかもしれません。

 さらに、このサイズのモデルだと作業をする時にパワー不足になるような、控えめのCPUが積まれていることが多いです。
 Chromebookはよく「文書作成程度の軽い作業なら使えます」とよくブログでは書かれていますが、真面目に文書作成する方があの「Googleドキュメントを使うとレスポンスがワンテンポ遅れる」感覚を許容できるでしょうか。
 自分はこれがどうしてもストレスになって駄目で、買い換えの時はCorei3の載っているクラムシェルにしました。

 とまぁ、あんまりいい印象ではないのです。
 それは単に、ああいったモデルの実機をちゃんと触っていないからそんな感想になるんでしょうけども。
 なんせうちは、Chromebookをメイン機として何年も使い込んでいるわけですし。
 あくまでも、サブ機というポジションにするのならお気軽感があってアリだとは思います。