あさのよみもの

スキマ時間にサクッと読めるChromebookネタなど。元々は「自閉症スペクトラムと性別違和」「LGBTとフェミニズム」の話をするとこでした

【2022年版】Chromebookガイド、もうちょい細かいとこまで考えて選びたい方向け

【よければ支援お願いします→ほしい物リスト

 日本語入力、もそうなんだけどちょっとクセがなぁ、という点がChromebookにありまして。
 前の記事では書ききれなかった分を補足しておこうと思います。
 補足というかあんまり……ポジティブな方向には書けなかったのはすみませんが。
 Chromebook好きだからといって、何でも褒めちぎるわけでもないです。
 
 
 

ぶっちゃけ微妙なポイント

 

周辺機器との相性が微妙

 
 それ……あさの、素のまんまで使ってるのであんまり考えたことないのですが。
 
 
 こちらの動画でも周辺機器がなんとも、という話が出てきておりますが。
 
 
(追記:ブログ記事もみつけたのではっておきます)
 確かにこの辺りの選択肢を考えるとすごく微妙で、だから自分もマウスとか買わないのかなぁなんて思います。
 

「CDレコ」が使えない

 
 ChromebookでCDが聴きたい!も残念ながらほとんど叶いません。
 
 
 外付けドライブ自体は売られていますが、だからといって市販のCDやDVDが読み込めるわけではありません。
 
 
 あさのの愛用している「CDレコ」も、Androidアプリは入れられてもその先がどうにもなりません。
 これでは不便だという方は案外多いのではないでしょうか。
 
 

日本語キーボード配列が微妙

 
 Enterなど、右の方がなんか縮こまってる!というのが多いのがChromebook
 

個人的にはエンター小さくても別に平気だった、ASUSのC223
 
  例外としてFMVは、富士通が日本市場向けに出してきてるのでいいバランス感なのですが(しかしあさのはスペースキー狭いのが使いづらいです)。
 

あさのは思いのほか困惑したFMVのキーボード

スペースキーの狭さはちょっと…個人的に変な感じ
 あと、これはたまたまだったんですが手持ちのacer Spin511(2019年モデル)がこれに近いかもなぁという配列になっておりました。

Spinのキーボード、悪くはないです
  BackSpaceがえらく小さいのは気になりますが、そういやあさのはこれで苦しんだこと別になかった。
 あと、今のSpinはどうなってるかっての知りません、すみません。
 
 Spin511と比較するとASUSのC223はEnterが小さくなってますよね、これが「日本語配列キーボードあるある」です。
 つらい人にはどこまでもつらい作り……
 

 

 

 

 
 ですが、キーボード周りの感想は個人差があまりに大きいので、なるべく実物をお店で触っていただけると助かります。
 
 

商品名みんな一緒、型番わかりづらい問題

 
 たとえば、ここんとこのASUS……昔はまだ分かりやすかったのに!
 Chromebook界隈きってのマニアたちですら頭がこんがらがるという仕様。
 ぱっと見ただけではどれが古くて、どれが画面でかいやつでっていうのが探しづらい!
 あらかじめ、必死こいて情報収集しないとわけわからんことになるっていうのがすごくつらい。
 「ASUSのCM3の、Kompanio820とかいうやつの入った改良版」みたいなのを探そうとするととてもめんどくさいです。
 
 

その中身のバランス何?という謎

 
 やたらとストレージ大きかったりするんですけど、それよりかはCPUとメモリ、そしてキーボードに気合入れてほしいのに、とか、8GBメモリにするのはいいけど何でCeleronの古いやつ入ってるの?みたいなのが時々出てくるんですよね。
 
※2023年1月追記:で、この「微妙だ!」と思っていたやつことCeleronN4500、自分が思っているよりもいいやつかもしれないです。
 
 個人的に、そういう機種に対して「謎だ!」と思っちゃうだけなのかもしんないんですけど。
 「ペチペチC223」のメーカーことASUSは、ペチペチのメーカーという意味では好きなんだけど、最近は惹かれるものが出てこない。
 というか、バランス感のいい普及価格帯のものが意外と出てこない悩みから、記事を書いてしまうくらいではあるのがつらいです。
 
 

でも、好きな人はどこまでも好きになれる

 

  今回、ここまで延々とボロクソに書いてしまったんですけど、それでもハマる人にはハマるものです。
 ローカルにファイルを残さない、アカウントがあればそれでいいっていうスタイルを一番快適に味わえるのがChromebook、というのは確かですから。
 現状だとまだまだ発展途上で「みんなにおすすめ」とは言い難いのですが、Googleアカウントでログインして、とりあえず触ってみませんか。